脱毛後のアフターケアをしっかりと行って肌をいたわる

お風呂はシャワーだけにする

脱毛後の肌は、ほてりが残る事もあります。このために大量の汗を適度な運動でかいたり、肌を湯船にゆっかり浸かって温めるとほてりや炎症が長引きます。脱毛の施術当日にお風呂に入りたい人は、シャワーのみにしておきます。これで、肌を暖め過ぎないようにします。なるべくなら、入らないのがベストです。自宅に帰ってもほてりが続く場合は、冷水で冷やしたタオルで脱毛した部分を冷やします。または保冷剤等を使って、ケアをして下さい。

日焼けに注意をしよう

脱毛は光やレーザーを使って、毛根細胞を破壊して効果を得る施術です。脱毛後の肌はダメージを受けている事が多いですので、敏感な状態になっています。紫外線が少なくても日焼けしたりして、シミの原因にもなります。せっかく脱毛をしてもシミをつくってしまいますと、せっかく綺麗になった肌が台無しになります。このため、長時間の外出には日焼け止めをかかさず塗るようにします。出来る事であれば、長時間の外出を避けるようにすると良いです。

保温をいつもより行う

脱毛で肌はダメージを受けていますので、水分量が減っています。いつもよりしっかりと保湿を行い、脱毛後の肌のケアを行います。保湿をするのには、高価な化粧品を使う必要はないです。じっくりといつも以上に普段使っている化粧水や保湿クリームを、脱毛した部分にじっくりと塗布します。もちもちの水分を沢山含んだ肌は、照射パワーを上げる事が出来るようになります。痛みも感じにくくなり、脱毛の効果を高める事に結果的にも繋がるのです。

医療脱毛を新宿で申し込むには、激戦区の周辺にあるクリニックで契約を結ぶことで、人気のあるコースを選ぶことができます。