ニキビ跡をできるだけ作らないための対策って?

ニキビが出来ても、ニキビ跡を作らないようにしよう。

季節の変わり目や、ストレス、偏った栄養バランス、睡眠不足、便秘……など、ニキビの原因はさまざまです。ニキビが出来ないように気をつけていても、ぽつんと出来てしまいますよね。ニキビが出来た後にできやすいのがニキビ跡で、ニキビが治ってからも跡が消えずに困った経験がある人も多いのではないでしょうか。ニキビ跡は一度出来てしまうとなかなか消えません。そのため、ニキビが出来てもニキビ跡として残らないように予防することが大切になってきます。

ニキビ跡を作らないための予防策。

ニキビ跡は、ニキビが出来てしまっても悪化させずに治してしまえば残りません。そのため、ニキビが出来た時は早急に正しいケアをしてあげることが大切です。ニキビはさわったり潰したりすると、悪化しやすく、時にクレーターのような深いニキビ跡となってしまいます。このクレーター状のニキビ跡は皮膚を損傷させてしまうので、傷跡のように残ってしまいます。ニキビができたら、正しいスキンケアを心がけ、ビタミンを多く含む食材を取り入れるなどして早めにニキビを治すようにしましょう。

それでもニキビ跡ができてしまったら?

赤いタイプのニキビ跡や、色素沈着が起きているニキビ跡は、自宅でケアすることで少しずつ消すことが出来ます。しっかりと保湿をしてスキンケアをして、後はお肌のターンオーバーを促進させるために生活習慣を見直すようにしましょう。お肌の細胞は28日で生まれ変わりますが、乱れた生活をしているとターンオーバーが乱れてしまいますよ。凹凸が残るタイプのニキビ跡は、残念ながら、自宅でケアをするだけでは治りにくいのです。そのため、専門の美容皮膚科へ通い、ピーリングやレーザーでの治療をするようにしましょう。

ニキビ跡はニキビが潰れたまま放置させると発生します。ニキビが潰れた場合、速やかに病院で治療を受けることで傷跡の形成を予防できます。また、自分でニキビを潰さないのも傷を残さないための工夫です。